動画の制作方法

商品をECサイトで販売する際に効果的な動画ですが、どのように制作を行えばわからないという場合も多いでしょう。動画の制作方法は大きく分けて2つあります。1つは動画制作を専門に行っている会社に委託する方法です。有料ではありますが、プロならではの商品の魅力を最大限に伝えられる動画を制作してもらえます。料金も数万円程度からなので、極端に高いと感じるようなものではありません。ノウハウや機材がなくても可能なので、扱っている商品が少ない場合や売上が多く十分に採算が取れる商品であれば委託するのが良いでしょう。

もう1つの方法が自主制作です。コストがかけられない、売れるかどうかわからないという場合におすすめです。初めてECサイトに動画を掲載する場合、どの程度効果が出るかわからず制作費をかけるのが不安ということもあるでしょう。今は機材がなくても、スマートフォンで十分な画質の動画が撮影でき、編集も簡単に行うことができるため、初期投資なしで動画制作を行うことも可能です。商品の使い方を実演したり、実際の動作の様子を見せたいというような目的であれば、動画制作の知識がなくても十分制作が可能です。撮影・編集・配信まで全てを行えるスマートフォンアプリも配信されているので、初めての人でも簡単に始められます。

動画で商品を伝える

ECサイトで商品を売る場合、顧客は実際の商品を手にとって見ることができません。そのため説明文や写真を参考にしながら買い物をすることになります。一度購入したことがあったりその商品についてよく知っている人であれば問題ありませんが、初めて購入するときには不安を感じる場合もあります。そのためウェブ上でどれだけ商品の詳細と魅力を伝えられるかが重要になってきます。ECサイトでは紙面での広告と違い、スペースの制限がありません。その分詳細に記述することは可能ですが、ページが長くなってしまうと見づらくなってしまいます。

ECサイトに適した商品紹介の方法として、動画が挙げられます。ECサイトの利用はパソコンやスマホがメインですが、どちらでも動画はストレスなく見ることができます。商品によっては実際に使用している様子を紹介したり、使い方をレクチャーする必要がある場合があるので、動画を使うのが最適です。同じ情報量でも文章を読んだり何枚もの写真をスクロールしながら見るのと比べて、動画を見る方が簡単で確実に伝わります。動画でしか伝えられない動きや音もあるので、商品に合わせた動画を作って掲載すると売上アップ間違いなしです。

ECサイトとは

ECサイトとは、ネットを介して物やサービスを売買するEコマースを利用したサイトのことです。大手ショッピングサイトのようなモール型と自社サイト型に分類できます。モール型のECサイトの場合、モールが提供しているショッピングサイトのシステムを利用するため、予め必要なシステムが揃っている他、ショップページなどのフォーマットも用意されているため、特別な技術が必要ありません。一方自社サイト型では全て一から作る必要があり、決済システムやセキュリティなど高度な技術が必要になる部分もあります。その代わり好きなように作ることができるため自由度が高く、他のサイトにはない独自のサービスやシステムを取り入れることも可能です。

ECサイトを利用することによって、顧客を増やしやすいというメリットが得られます。店舗のない地域の顧客を得たり、定期購入などのECサイトならではのサービスを提供できるからです。実店舗と併用してECサイトでの販売を行う場合もありますが、実店舗は持たずECサイトでの販売をメインにすることで、少ない資金でショップを運営することも可能です。ECサイトでは購入者の口コミや評価など、新規の顧客にとって参考にできる情報を多く盛り込むことができる他、SNSなどを利用した宣伝も可能で、コストパフォーマンスは非常に良いです。

商品関連の動画制作

商品を売りたい時に、最も有効な宣伝方法はなんでしょうか。多くの人が目にする上に、印象に残りやすいのがテレビCMです。しかし私達がテレビCMで目にするのは、誰もが知っている大企業ばかりです。その理由はCMの放映料が非常に高いことにあります。テレビ局や時間帯にもよりますが、15秒間のCMを1回流すだけで100万円以上かかる場合もあり、それだけの広告費を使っても採算が取れる大企業しか利用できないのです。

新聞広告や折込チラシ、雑誌など映像以外の媒体で宣伝を行う場合もあります。文章や写真などを使って説明を行うことができますが、興味を持って読んでもらうこと、限られた紙面で商品について理解してもらうことが必要になってきます。そのため商品によって向き不向きがあり、別の媒体と併用するケースが多くなっています。

最近ではコストのかかるテレビCMや伝えられる情報に制限のある広告以外の手段で宣伝を行うケースが増えてきました。その手段が動画です。テレビで放映しているCMをそのまま動画サイトの広告として出したり、自社HPで見られるようにしているケースもありますが、単純に商品を紹介する意味で制作した動画を、商品の購入ページなどに掲載することもあります。特に自社サイトのショッピングページや大手ショッピングサイトなどのECサイトに動画を掲載することで、商品の周知ではなく購買意欲を向上させる目的で動画を掲載することが多くなっています。個人レベルでの動画制作が容易になったことから、宣伝コストを大幅に下げる工夫にもなっています。